『Brilliant_Camping_LOG』

⛺️新車購入したデスレフの内外装をフルカスタムしながら楽しむ車中泊の話題 🌈自然食材摂取を心掛け再生可能エネルギーで地球に優しいSDGsな車中泊を目指す 🥋極真空手(組手大会優勝経験)やジムでの筋トレの話題 🚌愛車ベンツG63AMGの話題

なんでキャブコンにそんなに電気が必要なのか・・・、

俺が愛車Dethleffs(デスレフ)を購入した昨年秋前後は、世の中すでに「キャブコンには大容量バッテリーを搭載」って風潮だったが、そもそもなんでそんなに大容量が必要なのか???

真冬の北海道と夏の北海道で100泊以上車中泊した経験からもそこは大いに疑問だ。

 


たしかに今年の夏はクソ暑かった北海道で天井エアコンは大いに重宝したが、フックアップできる場所ならサブバッテリーは不要だし、フックアップできない場所のために例えば東和のJDEのように100万もするサブバッテリーシステムを買うのもあまり納得感はない!!ジャクリー買えば15万だぜ(笑)

たぶん俺は昨今の多くの人のように電気をそんなには使わんから、デスレフ純正のハウスバッテリー程度で十分なんだと思う。

そもそもそれは東京の本宅でも別荘でも、どこにも電子レンジは置いてないし、冷凍食品もコンビニ弁当も食べないし、そもそも料理は火を通すべきだと思ってる。

ドライヤー??自然乾燥だし(笑)まああと電気を使うのは冷蔵庫だが、フックアップできるなら不要だし、デスレフ純正は3WAYなのでLPガスで冷やせるし、LPは非常に燃費が良い。これも前にも言ったがクソ暑かった夏の北海道で冷蔵庫の設定を一番冷えるLOWにして3週間ももった。8kgのタンク1本でね、しかも朝も夜も料理でガスを使っているのに!だ。(補足だがこれはフックアップも併用してて、走行中はDCから電源供給してるって前提だ)

あと夜の室内灯だが、これもフックアップできる場所ならサブバッテリーの搭載の必要はないし、フックアップできない場所では、何度かこのブログで話題にしている、ソーラーランプ「キャリー・ザ・サン」を室内灯として使っている。ソーラーで満充電すれば40時間も光る、その大サイズを3個もおけば、愛車Dethleffs(デスレフ)の室内は十分に明るい。

そしてこれは大いなる誤算だが、愛車Dethleffs(デスレフ)の内装改造で施した3Mダイノックシートの和紙シリーズのプラチナが光につよく反射してくれるんで、室内をより一層明るくしてくれる。


よくキャンピングカーを買う人の中に、トイレをつけるか悩む人がいるが、サブバッテリーを積むことをやなんでいる人はいないと思う。俺に言わせりゃ、トイレは必需品だしキャンピングカーライフが変わる、むしろサブバッテリーこそディーラーオプションで入れるべきものではない!!

壊れたら直すのも大変だし高そうだし、だからジャクリーとかポタ電を入れておけばそれで十二分だし、壊れてもそれだけ変えればええと!!