『Brilliant_Camping_LOG』

⛺️新車購入したデスレフの内外装をフルカスタムしながら楽しむ車中泊の話題 🌈自然食材摂取を心掛け再生可能エネルギーで地球に優しいSDGsな車中泊を目指す 🥋極真空手(組手大会優勝経験)やジムでの筋トレの話題 🚌愛車ベンツG63AMGの話題

去年、新車でデスレフ買って走った距離は・・・?

愛車Dethleffs(デスレフ)買ってまもなく1年・・・。
その間、約100泊の車中泊をしたことになる。すべて北海道だ!!!

真冬にスタッドレスタイヤ履いてスキー三昧してたし、この夏は、北海道がクソ暑かったこの夏は、なんと50泊もしたよ(笑)

しかしおかしいよね、一年って365日のはず、それにまだ1年未満だから、ほとんど1/3が車中泊になってしまう!!

あれ?そんなに居ねえぞ、と思ったが、よく考えたら別荘に横付けして愛車Dethleffs(デスレフ)で過ごした日もカウントしていた。宣言で出かけられない日々もあったしな。。。

 


実はこれだけ車中泊しても走った距離はまだ1万キロに到達しておらん。なんで??それは移動を控えていたから。あんま走ってばかりいるとドライブが目的なんだかなんだか分からなくなるからね。それで自分でルールを決めた。

ルール1)移動は一日50~60キロまで
ルール2)キャンプ場を利用する場合はできるだけ連泊する
ルール3)移動は日中だけ!日が落ちたら移動はしない!

今回の北海道・きまま車中泊旅行でもこれを守ったよ。基本はね。
例外として拠ん所無い事情で日に130キロ走った日もあったが、すべての道の駅など休憩スポットには立ち寄ったよ。

愛車Dethleffs(デスレフ)はホントに運転しやすい。意外にも小回りはめちゃくちゃきくし、重心が上とか、横揺れなどの不安もほとんど無い。普段、もう一台の愛車AMG G63を乗ってる俺がAMGとの比較で実体験を言うんだから間違いない!!

ただ風の影響はかなり受ける。まあこれはG63も同じだけどね、レベルは当然違うが(笑)まあ前にも書いたが、道央道岩見沢付近の吹きさらしあたりで強風に遭遇したときは70キロが限界だったが、まあ普段は概ね高速は90前後で非常に快適に巡航できる。

ただ問題もある。愛車Dethleffs(デスレフ)は最新型ゆえにミッションは9速、高速の巡航では回転数がかなり落ちる。燃費の面ではとてもいい話なんだが、サブバッテリーの充電って意味ではこのあたりの回転数だと不十分だ。

実際、75%程度だったサブバッテリー、高速巡航で2時間近く走ったが、増えたのはたったの4%程度。やはり下路の、ストップ・アンド・ゴーの運転のほうがチャージにはいいようだ。

まあでも夏の北海道・きまま車中泊旅行の中で、クソ暑かった時期を除き、天井エアコンはほとんど不使用だった。涼しいからね。エアコンを使わないとなると主に使用するのは冷蔵庫になるが、それもLPガスでの冷却に切り替えればサブバッテリーは全く使用しなかった。

LPガスは8kgのタンクを積んでいるが、実際、とても燃費は良い。まあざっくりだが、2週間では超余裕で、1ヶ月だと心もとない、、3週間で交換を意識するって感じだ。あれだけ使って3週間持つなんて、とても素晴らしいよ、LPガス!!

なんか最近、キャンピングカーで電気をメインに考える傾向に各社あるが、俺にいわせりゃ、LPガスこそベスト!原点回帰せよ!!と言いたい。

まあでもガス充填の大変さもあるが、俺の場合はスペシャルルートで簡単に充填できるゆえその心配がないからこう言えるかも知らん。

まあ少なくても次のキャンピングカーとして購入予定のデスレフALPAについては、東和モーターのJDEパッケージという130万くらいするリチウムのサブバッテリー急速充電システムは不要だと考えている。必要なのは長期不在時のメインバッテリー切れ防止のためのソーラーパネル!100W程度で十分だ。

東和のJDEは不要で、かわりにジャクリーなどのポタ電を2基程度積む予定だ。加えて、外部のフックアップケーブルからジャクリーに直接充電できる仕組みや、そのジャクリーからALPA社内にACを供給する仕組みをディーラーに構築してもらう予定だ。まあもし東和が対応できないなら、これもまたスペシャルルートを使う(笑)


おっと長くなったのでここまで!